MENU

せっけん洗髪が薄毛回答に適しているわけではない!

ミヨシ石鹸の無付加石けん洗浄に筆頭されるように、石けん完全の洗浄は多々スカルプや身体に良い考え方があります。市販の洗浄のように石油系のクレンジング成分などの化学成分を合成していないためですね。そのため、乳児のボディにも使われたりしています。

 

それなら薄毛・脱毛に悩むスカルプにも石けん洗浄は効果的なんじゃないか。そのように思われる女子も多くいるかもしれません。無付加ゆえに髪がキシキシになることはあれど、余計な添加物からスカルプを守れるのだから、育毛につながるスカルプへつながるんじゃないか。それほど思う方も少なくないでしょう。

 

しかし、じつはそんなふうになりません。無付加なのは良いのです。ただ石けんというものは、アルカリ性のカリウムです。そして、「美肌奥さんになろう、弱酸性ビ○レ」なんて謳い文句があるように、人のスキンにとってアルカリ性は喜ばしくないものです。いくら無付加だからといって、スキンが喜ばないアルカリ性を日常的に使うのには問題があります。

 

忘れてはいけないのは、無付加だから望ましいというわけではない。ということです。無付加なら何もかも喜ばしいというのは、考えることを放棄しているのと同じです。そうではなく、どれだけスカルプに手厚い成分の洗浄であるかということが大事なのです。無付加石けん洗浄に飛びついているやつには、こういう視点が欠けています。

 

無付加が目標ならそれで良いでしょう。しかし、薄毛に悩むあなたの目標は、育毛にあるはずです。そのゴールへの続く道に石けん洗浄はありません。何とか無付加でなくとも、スカルプに手厚く、育毛に正に導いてくれるような洗浄を選ぶことが必要なのです。具体例としては、このサイトのカテゴリーサイトの小物をご調べ下さい。

 

無付加石けん洗浄でもスカルプに異常がでることはままある!

以下に、ミヨシ石鹸の無付加石けん洗浄でスカルプに気掛かりが発生した人間の感想を転載します。無付加だからといって、断じてスカルプに容易いわけではないことを確認して下さいね。

 

スカルプにプツプツが・・・

 

使用しはじめて直ちに、スカルプにプツプツがボコボコとでるようになってしまいました。石けん洗浄後に椿油を使用したりもしましたが効果なしです。スキンも荒れるので支出を中止しました。

 

アトピーが悪化した・・・

 

無付加石けんならばスキンに容易いとの振る舞いだったので使いはじめました。しかし、ダメでした。腕、面持、首、スカルプの全てがピリピリします。アトピーの病状が悪化してしまいました。心からではないですが、通常常用できるものではありません。